1956年株式会社富山は誕生しました。

時代のニーズとともに、板金・プレス・アッセンブリーと業務を拡大し、現在では本社工場を拠点に第一工場、中国工場とキャパシティを広げ、おかげさまで着実な発展を遂げてまいりました。

 

当社では、社員一人一人が向上心、情熱を忘れずに単品・量産を問わず、お客様の要求に常に正確でスピーディで付加価値の高い商品を供給する事にあります。

当社の製造技術は、時代の先を行く最先端マシンをベースに社員の個性、能力を尊重した適材適所の配置がきめ細やかな技術と優れた品質管理を生み出す理由と自負しております。

 

生み出すものも、作りだすものも人間、「ハイテク時代」と「人」と「大切な環境・自然」がいかにうまくかみ合うかがこれからの時代の前進にかかっているいえるでしょう。

これらを踏まえ、私共の金属加工技術と最新エレクトロニクスの融合がおりなす製品の数々、探究心を忘れることなく、邁進する株式会社富山が、幅広い分野で皆様のお役に立てることを日々願っております。

 

株式会社富山

代表取締役 富山昌彦